ケルセチン(クエルセチン)の効能

ケルセチン配糖体は、さまざまな薬理効果があることで知られています。

ケルセチン自体も抗炎症作用を示し、これは皮膚のかゆみや炎症の原因とされているヒスタミンの生成や、遊離などの炎症に関するいくつかの過程を抑制する効果があると考えられています。

また強い抗酸化作用を示し、さらに細胞の増殖などに関する、数種類の酵素を阻害するといった報告もあるようです。

そして抗発がん作用があることも明らかにされており、野菜などからケルセチンを摂取する事で抗発がん作用の寄与が大きいと考えられています。

さらにアメリカでは、アレルギー体質の改善の最終段階の時にケルセチンを摂取する事が多いようです。