EPA

EPAとは、別名エイコタペンタエン酸とも言われ、魚介類に多く含まれる脂肪酸の一種です。

血流の流れを悪化させるコレステロールや、脂肪を減少させる働きがあります。

動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの成人病を予防する効果があるとされており、特に背中の青い魚、イワシやサバなどに、多く含まれています。

血流のめぐりなどをサポートする働きが期待されているEPAは、体内ではほとんど作られない必須脂肪酸の一つです。