アレルギーの体質を作る4つの原因

  • 1.皮膚が弱い(乾燥肌や敏感肌も含む。)
  • 2.腸内環境が悪玉菌優勢
  • 3.炎症が抑制できない
  • 4.肥満細胞が過敏でヒスタミンを大量に分泌してしまう

皮膚が弱い人はEPAを摂取したり、炎症やかゆみがある人はビオチンを摂取したり、腸内環境が悪く、アレルゲンに過敏に反応してしまう人は、善玉菌(コッカス菌や腸内細菌)を優先して摂取することが多いようです。

上記に挙げた4つの原因のうち、最も深刻な症状から改善していかないと、効果的な改善は難しいとされています。

またケルセチンは、アレルギー体質の改善において効果が期待できるとされている摂取期間が長く、半年〜2年ほどかかります。なので、症状の軽い段階から摂取し始めるといったこともあるようです。

ケルセチンは、アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎でも、高い評価を受けています。