アレルゲン

アレルゲンとは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と、特異的に反応する抗原の事です。

一般的に、アレルギー症状を引き起こす原因となるものを指しますが、具体的な症状があるわけでもない人において、その抗体と反応する抗原も、アレルゲンと呼びます。

正確には、抗体と反応して、アレルギーを引き起こす物質(抗原)そのものを指し示しますが、そ抗原を含んだ物質(食品)などを示している事も多いです。